忍者ブログ

流遠亜沙 ASSAULT formの局地戦な日々

 

流遠亜沙 ASSAULT formが運営するサイト『局地戦用強襲型機動兵器・改』の付属ブログです。

創動 仮面ライダービルド BUILD10


創動 仮面ライダービルド BUILD10セット


流遠亜沙 ASSAULT form
「第10弾だ、この野郎!」

ツバキ ASSAULT form
(今月分の小説の掲載が終わったので、テンション高めですね)

ヤミヒメ
「今回はセットか。第7弾以来だな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「値段も内容もバラと変わらないけど、あるならセットでしょうが! 子供がまだ食べてるでしょうが!」

ヤミヒメ
「何を言っておるのだ……」

ツバキ ASSAULT form
「はしゃいでないで、さっさと本題に入りましょうね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「仕切りやがって、この出しゃばりロリ巨乳!」

ツバキ ASSAULT form
「……よく聞こえませんでした。もう1度言ってもらえますか?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「さあて! サクサク紹介しちゃうぞ!」

ヤミヒメ
「余計な事を言わずにはおれぬのか……」



仮面ライダーエボル



仮面ライダービルド クジラジェットフォーム



仮面ライダービルド キリンサイクロンフォーム



仮面ライダービルド ホークガトリングハザードフォーム


ツバキ ASSAULT form
「良いですねえ……」

ヤミヒメ
「うむ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ビルドの各フォームについては期待通りだったんだけど、意外と良かったのがエボルなのよね」




ヤミヒメ
「確かに精悍なマスクだ」

ツバキ ASSAULT form
「成型色とシールでは再現が難しいと思っていましたが、それも思いのほか気にならないというか。むしろ、このサイズと値段から考えれば充分以上に思えます」

流遠亜沙 ASSAULT form
「前シリーズ『装動』のノウハウあってこそなんだろうけど……すごいわ、このシリーズ」




ツバキ ASSAULT form
「タカガトリングハザードフォームの羽根は、『クジラハーフボディ』のボーナスパーツですね」

ヤミヒメ
「飛行時に大型化した際のイメージだな。これはシールでなく塗装なのか」

流遠亜沙 ASSAULT form
「個人的には成型色がベストなんだけど、メタリックだから塗装かシールじゃないと難しいんだろうな。コスト的にも」

ツバキ ASSAULT form
「海賊レッシャーハザードフォームのマスクが付属しているため、交換する事で再現可能できますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「実際にやってみよう!」




ヤミヒメ
「おお……ッ!?」

ツバキ ASSAULT form
「複数買いしたんですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「うい。好きなんですよ、ハザードフォーム。現在、『創動』では4パターンが再現可能です」

ツバキ ASSAULT form
「フォーム一覧を見ると、あとはキードラゴンハザードフォームが残ってますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「すでに公式ブログで収録が予告されてます。ちなみにボーナスパーツとしてマスクのみの収録らしいので、すでにボディは確保済みよ」

ツバキ ASSAULT form
「つまり今回のハザードボディは3セット買ったんですね。まあ、それが出来るのが食玩の強みですが」

ヤミヒメ
「ハザードボディはそれだけの魅力があるという事だな!」

流遠亜沙 ASSAULT form
「黒くてヤバいって燃えるよね!」

ツバキ ASSAULT form
「そういえば、赤と青のエボルのバリエーションは……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「シールを貼るのに失敗したため、未掲載とさせていただきます! 正直、個人的にはフェーズ2と3は微妙というか。あくまで最終形態のための過程だしね」

ヤミヒメ
「恐らく、出番はもうあるまい」

流遠亜沙 ASSAULT form
「先週の第44話で倒したしね。まあ、サブタイトルが嘘でなければだけど」

ツバキ ASSAULT form
「『エボルトの最期』でしたからね。戦兎(巧)の父親が真のラスボスであれば、残り話数から考えて本当に倒したと思えますが」

流遠亜沙 ASSAULT form
「なんにせよ、まだ本編も『創動』も続きます。次の第11弾では最強フォームも収録されるのでお楽しみに」

ヤミヒメ
「いよいよ『創動』でも最強フォームか……」


『創動 仮面ライダービルド』公式ページはこちら

PR

現実(フィギュア)対 虚構(シン・ゴジラ)。


『S.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ ゴジラ(2016)』


流遠亜沙 ASSAULT form
「今年の1月に再販されたモンスターアーツのゴジラ(シンゴジ)です。いやはや、半年経っちゃいましたよ」

ツバキ ASSAULT form
「早いものですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「初回版は2016年の11月に発売されたんだけど、なんせ高いじゃない? でも、1年以上経っても手頃な価格とサイズ、そしてクオリティのフィギュアが出なかったから、再販は運命だと思って買いました」

ツバキ ASSAULT form
「それでは、マイスターも納得のクオリティを見ていきましょう」




流遠亜沙 ASSAULT form
「素敵! 抱かれたい!!」

ツバキ ASSAULT form
「えー……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「いやはや、まさに荒ぶる神!」

ツバキ ASSAULT form
「確かに、クオリティはすさまじいものがあります。肌の質感のためか、分割線も気になりません」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ちなみに、これは劇場限定の『ムービーモンスター』版とのツーショット」




ツバキ ASSAULT form
「サイズはほぼ同じですが、尻尾の長さが違いますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「向きが変えられないせいもあるけど、それでもモンスターアーツ版の方が長いし、実際これくらいある。いやあ……満足!」

ツバキ ASSAULT form
「確かに、ぼーっと眺めていられますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ポスターなんかもそうだけど、不意に視界に入った時に、いちいちニヤニヤ出来るのが飾る楽しさよね」

ツバキ ASSAULT form
「ですねえ……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「まだamazonなら9000円以下っぽいので、欲しい方は是非。安い買い物じゃないけど、ハイクオリティのシンゴジを手元に置きたいなら、これがベストだと思うので」


『魂ウェブ』のレビューページはこちら

CONVERGE KAMEN RIDER 10



ツバキ ASSAULT form
「本日は『CONVERGE KAMEN RIDER 10』より、こちらの2つをご紹介します」

ヤミヒメ
「ふむ。赤い組み合わせだな」



『仮面ライダービルド ラビットラビットフォーム』



『仮面ライダーカブト』


ツバキ ASSAULT form
「どちらも、とても良い出来ではあるのですが……」

ヤミヒメ
「カブトは傾いているな」

ツバキ ASSAULT form
「ドライヤーを当ててみないといけませんね」

ヤミヒメ
「しかし、これで平成の主役ライダーの通常フォームがそろったな」

ツバキ ASSAULT form
「ですね。とはいえ、最強フォームと中間フォーム、サブライダーも含めれば、まだまだありますから」

ヤミヒメ
「ん。次のラインナップも楽しみな内容だ」

ツバキ ASSAULT form
「個人的には『ガンダムコンバージ』のように、セレクションで過去の商品を再販してほしいです。マイスターは今更になって、平成・第1期の主役ライダーを並べたくなったようですし」

ヤミヒメ
「食玩はある意味、期間限定商品だからな。買い逃して後悔せぬよう心がけねば」


『CONVERGE KAMEN RIDER』の公式ページはこちら

ほねほねザウルス(特別弾)


『ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館(第2弾)』


流遠亜沙 ASSAULT form
「続けて『ほねほねザウルス』ネタよ。このシリーズにはオリジナルの“通常弾”と、コラボなんかによる“特別弾”の2つのラインがあって、これは特別弾に当たります」

カナコ
「判りやすい恐竜つながりね」




流遠亜沙 ASSAULT form
「全4種類で、値段は少しお高めの380円(税抜)。骨格標本ながら関節が可動。ボーナスパーツをすべて集めるとティラノサウルスが完成」

カナコ
「スタンドに取り付け可能なマスコットキャラも愛らしいわ」



『ほねほねザウルスEX』


流遠亜沙 ASSAULT form
「もう1つ。これが現時点でシリーズ最新作なんだけど、過去に発売された第16弾と第17弾の再録で、カラーバリエーションとなります」

カナコ
「厳密に言うと、4月に『カプセルほねほねザウルス』が出てるけど」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ガシャポンなのよね。そこまで惹かれる内容じゃなかったから、それはスルーで」




カナコ
「金と銀、意外と合うわね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「そうなのよ。並べると豪華な感じがするし。なお、これは1箱400円(税抜)で2個入り。ボーナスパーツを集めると――」





ほねほねケルベロス



ほねほねワイバーン


カナコ
「パッケージの『ほねほねケルベロス』と『ほねほねワイバーン』になるのね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「なかなかカッコイイ。クリアパーツも綺麗で、光が当たるとこんな感じに――」




カナコ
「綺麗ね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「窓際に飾ってたら偶然ね」

カナコ
「けど、これって今年の1月に出たのよね。もう6月なんだけど」

流遠亜沙 ASSAULT form
「カナコお姉さん、どうしてこのタイミングで『ほねほねザウルス』を記事にしたと思ってるの?」

カナコ
「そのノリ、今になって再開するの? それより、という事は……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「うい。6月に第32弾の発売が発表されました。あと、畳みかけるように『ほねほねザウルス✕福井恐竜博物館SP』も6月発売予定です。こちらは再録のカラバリですが」

カナコ
「第32弾の方は、なんだかすさまじいわね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「新たな試みで、とても興味深い。これは買わねば」


『ほねほねザウルス』スペシャルサイトはこちら

ほねほねザウルス

流遠亜沙 ASSAULT form
「ねえねえ、カナコお姉さん!」

カナコ
「……なにかな、だめにんげんくん」

流遠亜沙 ASSAULT form
「お姉さん、棒読みがすぎるよ。もっとテンション上げてほしいな! ウェーイ!」

カナコ
「さっさと本題に入るか、そのウザいテンションを続けるか――好きな方を選びなさい」

流遠亜沙 ASSAULT form
「本題に入ります!」



『ほねほねザウルス(第30弾)』


カナコ
以前に紹介した『ほねほねゲリオン』の本家ね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「うい。それをきっかけに買ってみまして――去年の末に」

カナコ
「うだうだしてる間に半年経ってしまった訳ね」




流遠亜沙 ASSAULT form
「前々から食玩コーナーで見かけてはいたけど、15周年とはね。箱の穴から番号が見えて、それで中身が判るっていうのも、なんか懐かしい……。小学生の頃、パーツを組み替えてロボットを自由に作れるのがあって、好きだった。あれもカバヤだったと思うけど、商品名とかまったく覚えてない」

カナコ
「1箱200円という事もあって、ランナーは2枚で組み立ては簡単ね」




流遠亜沙 ASSAULT form
「奥の恐竜と、手前の古生物(昆虫や貝類)がセットで1箱に入っています」

カナコ
「全8種類ね。小さいけど、可愛らしくてなかなか良いわ」



『ほねほねザウルス(第31弾)』


流遠亜沙 ASSAULT form
「続けて第31弾。対になる商品が出るのはお約束らしい」

カナコ
「第30弾は去年の7月、これは12月に発売されたものだけど、ずっとお菓子売り場にあるんでしょう?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「さすがに第30弾はなくなってきたけど、第31弾は普通に売ってるわ。売れ残ってる感じとは違うし、地方によって流通時期にも差があるっぽくて。ちなみに、『ほねほねゲリオン改』はイオンでしか売ってなくて、初号機の黒だけ買おうかと思ってたけど、買えなかった」




カナコ
「可愛い……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「黒っていうのも良いわ。これも奥の恐竜と手前の古生物がセットで、全8種類。ちなみに、全部集めると合体します。好みじゃないのでやりませんが」

カナコ
「200円でこれだけ楽しめるなら、たいしたものね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「オリジナル商品っていうのも、今となっては貴重よね。個人的には恐竜がモチーフなのもポイント」



お気に入り
ティラノサウルス(左・第30弾)&ダークティラノサウルス(右・第31弾)



お気に入り2
ダークアンハングエラ(左)&ダークケツァルコアトルス(右)


『ほねほねザウルス』スペシャルサイトはこちら

創動 仮面ライダービルド BUILD9 Feat.装動 仮面ライダーエグゼイド


『創動 仮面ライダービルド BUILD9 Feat.装動 仮面ライダーエグゼイド』


ツバキ ASSAULT form
「ここのところ更新ペースが早いですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「……がんばってます! あ、『エグゼイド』のアナザーパラドクスは買ってないのであしからず」





仮面ライダークローズマグマ




ヤミヒメ
「本作の2号ライダー・クローズの2度目のフォームチェンジだな」

ツバキ ASSAULT form
「ベルトがスクラッシュドライバーからビルドドライバーに戻った事で、姿も最初の形態からの流れを感じますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「カッコイイ。個人的にはクローズチャージはちょっと微妙だったし、主人公と同じドライバーっていうのも良いよね」




仮面ライダービルド トラユーフォーフォーム




仮面ライダービルド ローズコプターフォーム



パンドラパネル(ボーナスパーツ)


ヤミヒメ
「こちらはビルドだな」

ツバキ ASSAULT form
「どちらもネット配信されている『仮面ライダービルド ハザードレベルを上げる 7つのベストマッチ』に登場したフォームですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「この2つは正直スルーするつもりだったんだけど、公式ブログの画像を観たら格好良くて。結局、買っちゃいました」

ツバキ ASSAULT form
「スミ入れもばっちりしてますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「せずにはいられない身体になっちゃった……」

ヤミヒメ
「ボーナスパーツは、やや扱いに困るな」

ツバキ ASSAULT form
「確かに」

流遠亜沙 ASSAULT form
「あの、無視しないで……」




『創動 仮面ライダービルド』公式ページはこちら

さあ、『創動』を始めようか



仮面ライダービルド ゴリラモンドフォーム




仮面ライダービルド ホークガトリングフォーム




仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム




流遠亜沙 ASSAULT form
「唐突ですが、『創動』のゴリラモンド・ホークガトリング・ニンニンコミックです」

ヤミヒメ
「おお!!」

ツバキ ASSAULT form
「本当に唐突ですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「いやさあ、ネット配信でリアルタイム視聴しつつ、ようやく放送開始した地元の地上波で第1話から追っかけてると、「初期に出たフォーム、カッコええやん!」ってなる訳ですよ」

ツバキ ASSAULT form
「なるほど……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「でもって――ベストマッチ!」




仮面ライダービルド パンダロケットフォーム




仮面ライダービルド ファイヤーヘッジホッグフォーム



仮面ライダービルド キードラゴンフォーム




ヤミヒメ
「おお……っ!!」

ツバキ ASSAULT form
「以前はトライアルフォーム(非ベストマッチ)だった組み合わせを、すべてベストマッチにしたんですか」

流遠亜沙 ASSAULT form
「大・満・足! やっぱベストマッチって考えられた組み合わせだなって、よーく判った」

ツバキ ASSAULT form
「これ、スミ入れしてますよね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「メタリックカラーはいいけど、そうじゃない色、しかも白って、そのままだと物足りない感がすごくて。思いきってスミ入れしちゃいました。そしたら、思いのほか良くて」

ツバキ ASSAULT form
「確かに、しまりますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「そう! しまりが大変よろしい!」

ツバキ ASSAULT form
「…………」

流遠亜沙 ASSAULT form
「…………他意はありません。でも、すみません。ごめんなさい」

ヤミヒメ
「ん? 以前にスマホウルフフォームの名前が“有機物+無機物”の法則から外れていると言っていたが、キードラゴンもだな」

ツバキ ASSAULT form
「そういえば。ファイヤーヘッジホッグに至っては、元は消防車ですが、ファイヤー(火)になった事で物質ですらなくなりました」

流遠亜沙 ASSAULT form
「必ずしもボトル名が、そのままフォーム名になる訳じゃないし、フォーム名も“有機物+無機物”の法則は絶対じゃないみたいね。途中から観てると、こんなのも今更になって気付くわね」


『創動 仮面ライダービルド』公式ページはこちら

すぐ遊べる! 全長約13㎝!

流遠亜沙 ASSAULT form
「看板娘、変わります!」

ヤミヒメ
「うむ、私だ」

ツバキ ASSAULT form
「続けて『ルパパト』の食玩レビューをお送りします」



『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ハイパーアイテムズ』


流遠亜沙 ASSAULT form
「ミニプラと連動してるんで、試しにVSチェンジャーだけ買ってみました」

ヤミヒメ
「箱は小さいのだな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「せやねん。『仮面ライダービルド ラクラクモデラー』みたいなイメージだったから、ミニプラと同じくらいの箱だと思ってたんだけど、小さくてびっくり。「本当に入ってんの?」って」




ツバキ ASSAULT form
「シンプルな構成ですが、なかなかのクオリティですね」

ヤミヒメ
「そうだな。劇中のイメージと、そう変わらぬ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「では――ミニプラをセットしてみませう」



怪盗チェンジ!



警察チェンジ!


ツバキ ASSAULT form
「さすがに持つと小さいですね」

ヤミヒメ
「だが、悪くない」

流遠亜沙 ASSAULT form
「同じくミニプラのグッドストライカーと、他のVSビークルも補助パーツを使う事でセット可能です。『SG VSビークルlite』とも連動してるので、興味があれば是非」


『スーパー戦隊アイテムズ』公式ページはこちら

武装せよ!


『ミニプラ VSビークル合体シリーズ03 武装合体』


カナコ
「『ルパパト』ミニプラ・シリーズの第3弾よ」

ツバキ ASSAULT form
「今回もカナコさんなんですね」

カナコ
「……ヤミヒメの方がよかった?」

ツバキ ASSAULT form
「そんな事ありません。カナコさんとご一緒できて嬉しいです」

カナコ
「そ、そう……ふふ、ふふふ――」

ツバキ ASSAULT form
「今回はロボを武装強化するためのサブメカのみのラインナップですが、パッケージがすべて違っていますね」

カナコ
「本当ね。ずいぶんな力の入れようだわ」




ツバキ ASSAULT form
「サイズが小さい事もあって、なんだか可愛いですね」

カナコ
「ええ。特にブレードダイヤルファイターとトリガーマシンドリルは小さくて、劇中の設定通りにシザーダイヤルファイターとトリガーマシンクレーンに、それぞれ合体が可能となっているわ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「じゃあ、さっそく合体よ! 武装、変わります!」

カナコ
「いたの!?」



ルパンカイザーサイクロン



パトカイザーバイカー



ルパンカイザーナイト



パトカイザーストロング




ツバキ ASSAULT form
「良いですね!」

カナコ
「そうね。劇中のイメージ以上だわ」

ツバキ ASSAULT form
「やはりプロポーションやアクションは、DX版(おもちゃ)よりミニプラに軍配が上がります」

カナコ
「コンセプトが違うから、どちらが優れているという訳ではないけどね」



戦隊シリーズの『ミニプラ』公式ページはこちら

GUNDAM CONVERGE:CORE ガンダム試作3号機 デンドロビウム

カナコ
「あら、今回は連投なのね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「せやねん。『コンバージ』つながりで――こちらです」



『GUNDAM CONVERGE:CORE ガンダム試作3号機 デンドロビウム』


カナコ
「プレミアムバンダイの商品ね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「うい。過去に発売されたもののバージョンアップ版ですな」




カナコ
「残念ながらオーキスはスミ入れをしてないわ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「怖いのよ。マーキングとの兼ね合いもあるし、いっそこのままの方が良いかもと……」

カナコ
「ヘタレ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「なんとでも言えばいいわ!」



ステイメン



デンドロビウム


カナコ
「スミ入れしたいスミ入れしたいスミ入れしたい……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「カニャコさん……?」

カナコ
「なんでもないわ。それより、オーキスの左のクローアームが開きっぱなしなのが気になるんだけど」

流遠亜沙 ASSAULT form
「撮り終えてから気付いてん……」

カナコ
「でもまあ、クオリティは申し分ないわ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「まだ在庫はあるみたいなので、デンドロビウム好きは是非。個人的には、かなりお気に入りです」


『GUNDAM CONVERGE:CORE ガンダム試作3号機 デンドロビウム』プレミアムバンダイの紹介ページはこちら

GUNDAM CONVERGE ♯10


『GUNDAM CONVERGE ♯10』


流遠亜沙 ASSAULT form
「『ガンダムコンバージ』の最新作よ」

カナコ
「そうね――発売日は3月27日だけど」

流遠亜沙 ASSAULT form
「記事にする余裕がなかってん」

カナコ
「……どうして時々、エセ関西弁なのよ」



シャイニングガンダム(スーパーモード)



ガンダムエピオン




流遠亜沙 ASSAULT form
「買ったのはこの2つ。せっかくなので関連機体と並べてみました」

カナコ
「良い出来ね。シャイニングガンダムがスーパーモードなのが気になるけど」

流遠亜沙 ASSAULT form
「エピオンも、すごく良い。『エンドレスワルツ』に登場しなかったためか、いまいちトールギスに比べて不人気な感があるけど、あたしは好き」


『ガンダムコンバージ』公式ページはこちら

創動 仮面ライダービルド BUILD8 Feat.装動 仮面ライダーエグゼイド


『創動 仮面ライダービルド BUILD8 Feat.装動 仮面ライダーエグゼイド』


流遠亜沙 ASSAULT form
「本日はお待ちかねのラビラビとタンタンが収録の、『創動 仮面ライダービルド BUILD8』だ!」

ツバキ ASSAULT form
「ちなみに、『エグゼイド』系は買っていません。ご了承ください」





ヤミヒメ
「ふむ。箱が少し厚いな」

ツバキ ASSAULT form
「ハザードフォームの上からパーツを装着する設定を踏まえているため、ボリュームがありますからね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「さくさく行きます。本日は画像が多めなので」



仮面ライダービルド ラビットラビットフォーム



仮面ライダービルド タンクタンクフォーム


ヤミヒメ
「うむ。良い出来だな」

ツバキ ASSAULT form
「そうですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「終わりじゃない! まだ終わらせたりしない……!」

ツバキ ASSAULT form
「……なのは?」




ヤミヒメ
「ハザードボディ?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「箱にはラビラビとタンタンは他のハーフボディと互換性はないって書いてるけど、ハザードボディとは互換性があるのだ!」




ツバキ ASSAULT form
「食玩の公式ブログにあった組み合わせですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「せやねん。あれ見てから、絶対にやりたかってん」

ヤミヒメ
(なぜ、エセ関西弁になるのだ……)

ツバキ ASSAULT form
「左右非対称かつ黒が多めで、ハザードフォームの危険性が残っている感じが良いですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「難点は、ラビットタンクハザードフォームの頭部の一部が塗装だから、ラビットハザードフォーム(仮称)の片方に青が入っちゃってる事くらい」

ヤミヒメ
「塗るか落とせばよいではないか」

流遠亜沙 ASSAULT form
「そうなんだけど、元に戻せなくなると思うと……」

ツバキ ASSAULT form
「まったく同じ色にするのは、ほぼ不可能ですからね」




流遠亜沙 ASSAULT form
「ハザードボディと互換性があって、この組み合わせが出来ないはずがない――という訳でやってみました。これはなんて名前を付ければいいんだろう……ラビラビタンタンハザードフォーム?」

ヤミヒメ
「語呂が悪い事この上ないな」

ツバキ ASSAULT form
「公式にはありえないフォームですから」

流遠亜沙 ASSAULT form
「最後に全パターン集合です」




ツバキ ASSAULT form
「え!? 組み替えてたんじゃないんですか!?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「このために複数買いしておいたのだ!」

ヤミヒメ
「うむ! 壮観だな!」


『創動 仮面ライダービルド』公式ページはこちら

創動 仮面ライダービルド BUILD7


『創動 仮面ライダービルド BUILD7セット』


流遠亜沙 ASSAULT form
「すでに第8弾が発売中ですが、本日は第7弾のご紹介です」

ツバキ ASSAULT form
「今回はセットなんですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「近所のイオンに行ったらバラが完売で、セットが1つだけ残ってたのよ。今回はコンプするつもりだったから、狙ってた訳じゃないけどセットで買いました」

ヤミヒメ
「セットだと特典が付く訳でもないしな」




流遠亜沙 ASSAULT form
「てな訳で開封。箱を開けた時の、びっしり詰まってる感覚だけはセットの醍醐味よね」

ツバキ ASSAULT form
「贅沢な感じがしますよね」

ヤミヒメ
「確かにな」






仮面ライダービルド スマホウルフフォーム





仮面ライダーローグ



エンジンブロス/リモコンブロス


ヘルブロス


流遠亜沙 ASSAULT form
「今回も大満足のクオリティでございます。まずは劇中で4人目のライダーであるローグについて」

ヤミヒメ
「劇中では初登場から猛威を振るっていたな。紫色の敵対するライダーという意味では、『龍騎』の王蛇を彷彿とさせる存在感だった」

ツバキ ASSAULT form
「ラビットラビットとタンクタンクのための強敵という役割が強かったためか、すでに放送済みの第36話現在だと、その印象は過去のものとなっていますが……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「力を制御できるようになったり、1度倒すか、敵だったのが味方になったりすると、弱体化したり落ちぶれたりするのは、お約束だから。ちなみに、このキットだと胸と頭部のヒビ割れがシールで、貼るのがちょっと厄介だった。胸のシールなんてヒビ割れが重なっちゃって」

ヤミヒメ
「ふむ。よく見れば確かに」

ツバキ ASSAULT form
「そんなに気になりませんよ。成型色の発色も綺麗ですし、良いと思います」

ヤミヒメ
「ヘルブロスは冬の劇場版に登場したバイカイザーの色違いか」

流遠亜沙 ASSAULT form
「2つ買って完成するフォーマットは共通なんだけど、3種類から1つを選んで組み立てるコンパチ仕様となっております。なお、完成後に別の状態にする事も可能。3種類同時に再現すると、大量にパーツが余るけどな!」

ツバキ ASSAULT form
「最後は今回の目玉、スマホウルフですね」

ヤミヒメ
「うむ! ウルフだ!!」

ツバキ ASSAULT form
「スマホというのが時代を感じさせますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「塗装もメタリックが素晴らしい。ところで――何か気付きませんか?」

ヤミヒメ
「ん?」

ツバキ ASSAULT form
「名前の法則ですね?」

ヤミヒメ
「…………あ!」

流遠亜沙 ASSAULT form
「せやねん。ビルドのフォームは有機物(右)+無機物(左)って法則性があって、名前も“右(例:ラビット)→左(例:タンク)フォーム”って名称なんだけど、スマホウルフは例外なのよ。本来なら“ウルフスマホ”が正しいはず」

ツバキ ASSAULT form
「我々はスマホウルフフォームが世に出てから『ビルド』を観始めたので気付きませんでしたが、リアルタイムで観ていた方はすぐに気付いたと思われます」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ネットで検索しても理由は判らなかったのよね。まあ、“ウルフスマホ”だと語感が悪いとか、その程度の理由かもしれないけどね。ドライバーへのセットは右がウルフ、左がスマホで、法則は守ってる訳だし」

ヤミヒメ
「何の違和感も覚えなかったのが複雑な気分だ……」



『創動 仮面ライダービルド』公式ページはこちら

警察ガッタイム!!


『ミニプラ VSビークル合体シリーズ02 パトカイザーセット』


カナコ
「後半は『パトカイザー』よ」

ツバキ ASSAULT form
「あれ、カナコさん?」

カナコ
「あの人達ばかり、ずるい。私もツバキとお話したいわ……駄目、かしら?」

ツバキ ASSAULT form
「そんな事ありません。では、後半は私とカナコさんでお送りしましょう」

カナコ
(ツバキ、なんて可愛いのかしら……!)




カナコ
「箱を開封していくのって、テンションが上がるわよね」

ツバキ ASSAULT form
「はい」

カナコ
「組み立てていくにつれ、ランナーからパーツが減っていくと、征服している気分になってくるわ……」

ツバキ ASSAULT form
「そ、そうですね……」

カナコ
「ちょっ、違うの! 言葉が悪かったわ! 達成感……そう、達成感が込み上げてくるのよ!」

ツバキ ASSAULT form
「…………」

カナコ
(ツバキに引かれた……もう死にたい)

ツバキ ASSAULT form
「カナコさんは本当に作るのが楽しいんですね……!」

カナコ
「……天使がいるわ」

ツバキ ASSAULT form
「え……?」




カナコ
「こほん。気を取り直していきましょう――まずは合体前の状態よ」

ツバキ ASSAULT form
「トリガーマシン1号から3号、そして『ルパンカイザーセット』と同一のグッドストライカー(画像はトリガーマシンモード)ですね。グッドストライカーは機種と翼を畳んだだけですが、意外と印象が変わりますね」

カナコ
「では、いくわよ――警察ガッタイム!」

ツバキ ASSAULT form
「正義を掴み取りましょう――ではなく、掴み取ろうぜ!」








カナコ
「昨日の『ルパンカイザー』と少し撮り方が違うのは、撮影に間が空いたためよ」

ツバキ ASSAULT form
「どんな構図で撮ったか忘れてしまい、その場で確認も出来なかったんですね」




カナコ
「パトカイザーは構造上、ルパンカイザー以上に顔が奥まっているから、好みに応じて顔のパーツを取り付けられる仕様になっているわ」

ツバキ ASSAULT form
「個人的にはデフォルト状態の方が小顔で好きかもしれません。」

カナコ
「かなり前に出ているから、見様によっては、猫背に見えなくもないわね。顔の追加パーツは、あくまで好みに応じて使えばいいと思うわ」




ツバキ ASSAULT form
「最後はルパンカイザーとツーショットですね」

カナコ
「並べてみると、特にパトカイザーの顔が奥まっているといった印象はないわね」

ツバキ ASSAULT form
「ベース部分は共通のはずなのに、最小限の変化で印象を上手く変えていますね」

カナコ
「そうね。現状、グッドストライカーは1機しかいないから、こんなシーンも劇中では見られないのよね」

ツバキ ASSAULT form
「こんな事が気軽に出来るのも、安価な食玩ならではです」

カナコ
「ツバキはルパンカイザーとパトカイザー、どちらが好き? 私は色合いもあってパトカイザーなんだけど」

ツバキ ASSAULT form
「どちらか選べという事であれば、ルパンカイザーでしょうか。私のイメージカラーも赤なので、つい感情移入してしまうというか」

カナコ
「なるほどね。確かに、色は大事だわ」

ツバキ ASSAULT form
「キットを組んでみた感想はいかがでしたか?」

カナコ
「去年の『キュータマ合体シリーズ』と同じね。パーツは最小限のはずなのに、ハイディティールで、しかも造形が良いから、とても完成度が高いわ。作り応えも充分よ」

ツバキ ASSAULT form
「ディティール、細かいですよね……スミ入れ、大変じゃありませんか?」

カナコ
「だんだん楽しくなってくるから、ツバキもやってみるといいわ。今月には待望の第3弾も発売されるから」

ツバキ ASSAULT form
「次はこの2機の武装となるマシンがラインナップされるんですね。まだ劇中には登場していないクレーンが気になります」

カナコ
「私はバイカーを早くパトカイザーに装備したいわ」

ツバキ ASSAULT form
「本編はもうすぐ1クール目が終了ですが、まだまだ楽しめますね」

カナコ
「そうね。あなた達が楽しそうな理由が、今なら判るわ」

ツバキ ASSAULT form
「この楽しさを共有できて、嬉しいです」

カナコ
「私もよ。じゃあ、今回はここまでにしましょうか」

ツバキ ASSAULT form
「はい。『ルパパト』をご覧の方は、ミニプラも是非、お試しになってみてくださいね」


『ルパパト』の食玩情報はこちら

怪盗ガッタイム!!


『ミニプラ VSビークル合体シリーズ01 ルパンカイザーセット』


ヤミヒメ
「おお! しかも、今回はセットか……!」

流遠亜沙 ASSAULT form
「発売がちょうど2ヶ月前……やっと記事に出来る」

ツバキ ASSAULT form
「ようやくですね」




流遠亜沙 ASSAULT form
「この手の箱は、裏面も見ちゃうわよね」

ヤミヒメ
「開封していくのも醍醐味だな」

ツバキ ASSAULT form
「ワクワクしますよね」




流遠亜沙 ASSAULT form
「まずは合体前のVSビークル状態でございます。レッド、ブルー、イエローの各ダイヤルファイターと、合体時に土台となるグッドストライカー」

ヤミヒメ
「去年のボイジャーと比べ、シンプルかつスッキリした印象だな」

ツバキ ASSAULT form
「ボイジャーは星座モチーフのためファンタジー寄りでしたが、今回はジェット戦闘機、プロペラ機、ローター飛行機と、実際に存在する飛行機がモチーフとなっていますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「グッドストライカーだけは、おもいっきり架空のメカだけどね。それでは――はりきってどうぞ!」

ヤミヒメ&ツバキ ASSAULT form
「怪盗ガッタイム!」

流遠亜沙 ASSAULT form
「勝利を掴み取ろうぜ!」




ヤミヒメ
「うむ! 良いではないか」

ツバキ ASSAULT form
「ですね。DX版(玩具)のような大きさと重量感こそありませんが、プロポーションと可動に関して言えば、やはりミニプラに軍配が上がると思います」

流遠亜沙 ASSAULT form
「『これぞ、おもちゃ!』っていう良さも判るんだけどね。サイズも手頃で、なにより安価でこのクオリティっていうのが素晴らしい」

ツバキ ASSAULT form
「キュウレンオーより1箱少ないので、ルパンカイザーは少し小さいですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「細身でシンプルなデザインだから、余計にそう見えるわね」

ヤミヒメ
「そうか、顔の向きは変えられぬのだな」

ツバキ ASSAULT form
「構造上、仕方ない部分ですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「一応、帽子になってるダイヤルを回せば、顔の向きは変えられるんだけど、画像でも判るレベルで接写するとピントが合わなくて……撮影は断念しました」

ヤミヒメ
「いや、出来が良い分、ついつい贅沢を言ってしまったな。これは充分以上に素晴らしいぞ」

「ですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「以上、『ミニプラ ルパンカイザーセット』でした。後半に続く!」


『ルパパト』食玩情報はこちら

CONVERGE KAMEN RIDER 9/『ビルド』放送開始!


『CONVERGE KAMEN RIDER 9』
仮面ライダーウィザード フレイムスタイル


ツバキ ASSAULT form
「うふふ……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「えーっと……ツバぴょんがさっそく『CONVERGE KAMEN RIDER 9』のウィザードにご満悦ですが」

ヤミヒメ
「ツバキは『ウィザード』推しだからな。仕方あるまい」

流遠亜沙 ASSAULT form
「でも、ブログ中だから。ちょっと、そこのロリ巨乳! フィギュア眺めてニヤニヤしてんじゃないわよ、気持ち悪い」

ヤミヒメ
「……貴方が言うか」

ツバキ ASSAULT form
「今日は何を言われても許せてしまう気分です」

流遠亜沙 ASSAULT form
「じゃあ、背後から腕を回して、そのけしからん二つの膨らみを揉みしだいてもいいよね? 答えは聞かない!」

ツバキ ASSAULT form
「嗚呼……本当に良い出来です。待った甲斐があります」

ヤミヒメ
「確かに、その通りだ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「流された……これがジークンドー?」

ツバキ ASSAULT form
「せっかく良い気分なんですから、今日くらい気持ち良く終わらせてくださいよ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「だから、気持ち良くしてあげ――」

ツバキ ASSAULT form
「今回の他のラインナップは、ダブルのサイクロンジョーカーエクストリームを除くと、いわゆるサブライダーですね」

ヤミヒメ
「だな。詳細は公式ページを見てほしい」

ツバキ ASSAULT form
「6月発売予定の第10弾にはカブトが発表されているので、これで平成シリーズの主役ライダーの通常フォームはコンプリートですね」

ヤミヒメ
「シリーズ開始から約2年、ようやくといった感じだな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「…………」

ツバキ ASSAULT form
「反省してくれました?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「うん」

ツバキ ASSAULT form
「もう、セクハラしませんか?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「しない。ルトオアサ、ツバキ、トモダチ」

ヤミヒメ
(アマゾンだ……!)

ツバキ ASSAULT form
「では、許します。今日はもう1つ、話題があるんですよね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「こちらです!」



『仮面ライダービルド』


ヤミヒメ
「『エグゼイド』放送終了から約半年、宮崎でも『ビルド』の放送が始まったな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「土曜のAM4時15分からっていう、深夜とも早朝とも表現しにくい辺鄙な時間帯だけどな!」

ツバキ ASSAULT form
「たしか『エグゼイド』と『プリキュア』もそんな時間帯でしたよね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「どうせ続けて放送するなら、『プリキュア』と『キュウレンジャー』を入れ替えればいいのにって思ってたわね。ちなみに、『プリキュア』は今年から放送されてないそうです。ますます進む、宮崎のアニメ過疎地化……!」




ツバキ ASSAULT form
「第1話の変身シーンですね」

ヤミヒメ
「改めて、斬新だな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「プラモ好きならニヤニヤしちゃうよね」




ツバキ ASSAULT form
「……このポーズ、ひょっとしてフレミングの法則じゃないですか?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「せやねん! ダブルに似たコンセプトだから、あえてポーズも似せたんじゃないかって思ってたけど、このシーンを見て「あ!」ってなった」

ヤミヒメ
「ネット上でも、そう言われているな。左手でなく、右手の方か」

流遠亜沙 ASSAULT form
「左手は学校で習うけど、右手もあるのは知らなかった。さすが天才物理学者が変身するライダーだわ」




ツバキ ASSAULT form
「ベストマッチ以外は変身できないと思っていましたが、第1話からトライアルフォームという扱いで、あったんですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「万丈を助けるのも第1話なのよね。内海と氷室も登場するんだけど、氷室はこの先……」

ツバキ ASSAULT form
「必要ないかもしれませんが一応、宮崎で観てらっしゃる方のためにネタバレは……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「今更だけどね」

ヤミヒメ
「最後はライダーらしくバイクだな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「毎回思うけど、パイロット版(第1・2話)の力の入れようはすごい」

ツバキ ASSAULT form
「背後で悲鳴を上げている万丈にも注目してほしいですね」




流遠亜沙 ASSAULT form
「で、第2話。『ビルド』は日常シーンが特に面白い!」

ツバキ ASSAULT form
「最後は万丈と恋人の別れのシーンです」

ヤミヒメ
「『龍騎』や『エグゼイド』でも、サブライダーが恋人を失っている例はあったが、今回は過去のエピソードではなかったのだな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「一応は子供向け番組な訳じゃない? ちょっとドキッとした」

ツバキ ASSAULT form
「それは……確かに」

ヤミヒメ
「うむ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「とまあ、そんなこんなで宮崎でも始まった『仮面ライダービルド』、後半から観始めたんで、前半も並行して追いかけます」


『仮面ライダービルド』公式サイトはこちら

創動 仮面ライダービルド BUILD6


『創動 仮面ライダービルド BUILD6』


流遠亜沙 ASSAULT form
「ほぼ1ヶ月経っちゃいましたが、第6弾です」

ツバキ ASSAULT form
「2日前に第7弾が出てしまいましたね」

ヤミヒメ
「鮮度に劣るブログだな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「やかましわ! あたしにだって都合ってもんがあんねん、このボケェ! もう知らへん! おっぱい!」

ヤミヒメ
「お、おっぱ……」

ツバキ ASSAULT form
「最低の捨て台詞と共に去っていきましたね」



仮面ライダービルド ラビットタンクハザードフォーム


ツバキ ASSAULT form
「気を取り直しまして――まずはラビットタンクハザードフォームですね」

ヤミヒメ
「素晴らしい黒だ……」

ツバキ ASSAULT form
「画像では、ほぼ黒一色のようにも見えますが、実際にはツヤありとメタリックの2種類の黒です。キットでは成型色と塗装、シールで再現されていますね」

ヤミヒメ
「ベルトのハザードトリガーも、しっかりと再現されている」



仮面ライダービルド スマホウルフハザードフォーム


ツバキ ASSAULT form
「キットにはスマホウルフハザードフォーム用の頭部パーツも付属しています」

ヤミヒメ
「ぬう。こちらも良いな……」




ツバキ ASSAULT form
「なので、もう1セット買ったそうですよ。これが低価格で場所を取らない食玩の強みですね」

ヤミヒメ
「壮観だな。やはりハザードフォームは良い……特にスマホウルフ」



仮面ライダーグリス



ブラッドスターク


ツバキ ASSAULT form
「3人目のライダー・グリスは新規、ブラッドスタークは第3弾からの再録となります」

ヤミヒメ
「どれも良い出来だが、やはりハザードフォームだな」

ツバキ ASSAULT form
「そうですね。マイスターもそうですし、私もハザードフォームには惹かれてしまいます」

ヤミヒメ
「デザインも素晴らしいが、暴走してしまう危うさにも魅力を感じる」

ツバキ ASSAULT form
「それを制御する上位フォームも、早く『創動』で欲しいところですね」

ヤミヒメ
「だな……」




ヤミヒメ
「これは『コンバージ』のラビットタンクフォームではないか」

「高騰する前にamazonで買ったそうです」

ヤミヒメ
「やれやれ。だいぶハマっていると見える」

ツバキ ASSAULT form
「こればかりは仕方がありませんね」


『創動』公式サイトはこちら

コンバージ・メカニクス、第1弾!


『CONVERGE : MECHANICS コードギアス 反逆のルルーシュ』


流遠亜沙 ASSAULT form
「コンバージ!」

カナコ
「はいはい、コンバージ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「『ガンダム』や『仮面ライダー』、『ウルトラマン』などで展開中のこのシリーズに、新たに『メカニクス』というカテゴリが加わりました。その第1弾が10周年を迎えた『コードギアス』で、主役機と呼べるそれぞれの陣営のエース機が発売されております」

カナコ
「2月に某大型スーパーのワゴンで見つけたんでしょう?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ええ、半額以下でした……。正直、2000円は厳しいんでスルーしてたんだけど、半額よ? なら、買うしかないじゃないか!?」

カナコ
「そ、そう……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「あ、今のは『ガンダムSEED』のアスランのセリフのパロでね」

カナコ
「さっさと本題に入れば?」



ランスロット




流遠亜沙 ASSAULT form
「まずはヒロイックで正統派主役ロボなランスロット」

カナコ
「良いわね。ヴァリスとMVSは手首ごと交換可能で、脚部のランドスピナーも接地が可能よ」



紅蓮弐式




流遠亜沙 ASSAULT form
「続いてはライバル機である紅蓮弐式。デザインも色使いも対照的で、あえて選ぶなら個人的にはこっちです」

カナコ
「攻撃的で人型を外れたデザインも良いわね。オプションは輻射波動機構を備えた右腕の伸びたバージョンと、十手を思わせる呂号乙型特斬刀。ランドスピナーはさすがに可動しないけど」




流遠亜沙 ASSAULT form
「サイズに関しては他の『コンバージ』シリーズとほぼ同じだから、やっぱり約2000円っていうのは高いわね。完璧に見本通りのクオリティならまだいいけど、大量生産品なんで、さすがにそうもいかないし」

カナコ
「どちらも不備があって、メーカーに交換してもらったんでしょう?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「半額で買っといてクレームつけるのもどうかと思うけど、不備があった以上はね。どっちかだけだったら、自分でなんとか出来るレベルなんだけど、どっちも微妙な製品だったから、じゃあ両方交換してもらおうと」

カナコ
「形が悪いものはドライヤーを当てればいいし、ちょっとした塗装だったらリカバー出来なくもないしね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「うい。そうこうして、画像のクオリティにはなったんで、結果的には満足してます」

カナコ
「す、スミ入れしたいんだけど……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「してもいいんだけど、ナイトメアフレームはこのままの方が綺麗でいいかなと」

カナコ
「そう……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「しかしこれ、ランスロット・アルビオンと紅蓮聖天八極式は出るのかしら? 発売がちょうど劇場版『Ⅰ』のタイミングだったから、両機が出る『Ⅲ』の公開時期には出るんじゃないかと踏んでるんだけど」

カナコ
「5月だったかしら?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ええ。今の時点で情報はないけど、まだ可能性はあるわ。せっかくだから、強化された2機も欲しい」

カナコ
「……実現したら、恐ろしい値段になりそうね」


『コンバージ・メカニクス』公式サイトはこちら

創動 仮面ライダービルド BUILD1~5

流遠亜沙 ASSAULT form
「本日は、前回のブログで紹介した商品のひとつ、『創動 仮面ライダービルド』シリーズのご紹介です」

ヤミヒメ
「すでに買ってあるという事だったな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「うい。しかも、あの時点で撮影まで済んでおります」

ツバキ ASSAULT form
「他にも記事にしてないネタが溜まってるんですよね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「画像を撮って記事にするとなると、意外と時間がかかっちゃうのよね。今回はサクサク行くわよ」



仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム


ヤミヒメ
「基本フォームとも言うべき姿だな」

ツバキ ASSAULT form
「9月に発売されたものが、よく売ってましたね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「あちこちコンビニやらスーパーを回ったら、『タンクハーフボディ』を見つけちゃって。『ラビットハーフボディ』はamazonで買いました――1680円で」

ヤミヒメ
「定価は400円ほどなのであろう?」

ツバキ ASSAULT form
「すでに、ほぼ市場に出回っていない商品ですし、食玩の単品販売は値が張るんですよね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「せやねん。でもまあ、『ラビット』だけでも定価で買えた事を思えば、まだマシかなと。基本フォームは並べる上で外せないし。ちなみに、この『ラビット』と『タンク』のみ、無可動の『ダミーボディ』が付属します」



ダミーボディ


ヤミヒメ
「ダミー同士でも合体するのか」

ツバキ ASSAULT form
「後ろから見るとスカスカですね」



海賊レッシャーフォーム(左)/フェニックスロボフォーム(右)


流遠亜沙 ASSAULT form
「続いてはビルドのベストマッチ、『BUILD4』の海賊レッシャーフォームと、『BUILD5』のフェニックスロボフォームです」

ツバキ ASSAULT form
「フェニックスロボは冬の劇場版に登場しましたね」

ヤミヒメ
「うむ。赤と黒の組み合わせが良いな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「あの時は羽根が印象的だったんだけど、こうして見ると『ロボ』のアームも素敵。『フェニックス』と『ロボ』っていう組み合わせの妙も良い」



パンダロックフォーム(左)/ドラゴン消防車フォーム(右)


ツバキ ASSAULT form
「これはベストマッチではない組み合わせですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「劇中では出来ないオリジナルの組み合わせが出来るのが、この手の商品の楽しい要素よね。『パンダ』のみ『BUILD2』に収録で、残りは『BUILD3』のラインナップです」

ヤミヒメ
「本来は『ドラゴン』と『ロック』がベストマッチなのだな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「『消防車』と『ドラゴン』をラビットタンクと逆の“青赤”にしたくて。で、近所のスーパーで『パンダ』が半額で売ってて、『ロック』と合いそうだったんでこの組み合わせになりました」



仮面ライダークローズ(左)/仮面ライダークローズチャージ(右)


流遠亜沙 ASSAULT form
「2号ライダーに当たる仮面ライダークローズと、放送中の現在の姿であるクローズチャージです。クローズはベストマッチする『ドラゴン』と同じく『BUILD3』に、クローズチャージは『BUILD5』に収録されております」

ヤミヒメ
「ん? という事は、『ドラゴン』は2つ買ったのか?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「そうです。先にクローズを組んで、『消防車』と合いそうだったんで『ドラゴン』をもう1つ。半額だったので」

ツバキ ASSAULT form
「どういった経緯でベルトが変わったのか、前半を観ていないので気になりますね」


ナイトローグ


流遠亜沙 ASSAULT form
「最後はすでに劇中では退場したらしいナイトローグ。『BUILD2』に収録されてるんだけど、これは『BUILD5』に再録されたもので、バイザーに“目”がないシールが封入されております」

ヤミヒメ
「ふむ。ローグは仮面ライダーだが、ナイトローグはライダーではないらしいな」

ツバキ ASSAULT form
「スマッシュと呼ばれる怪人で、人間が変身していますね。『555(ファイズ)』のオルフェノクや、『W(ダブル)』のドーパントに近いのかもしれません」

流遠亜沙 ASSAULT form
「どちらにせよカッコイイ。これは実際に造形で見ると、よく判る」

ツバキ ASSAULT form
「ローグも同じですね。雑誌の写真で見た際は微妙な印象でしたが、劇中での活躍を見ると格好良くしか見えなくなります」

ヤミヒメ
「そこまで考えてデザインされているのであろう」

流遠亜沙 ASSAULT form
「とまあ、駆け足だけど『BUILD5』までで買ったものをご紹介いたしました。すでに最新の『BUILD6』が発売中なんだけど、この記事を書いてる時点で入手できてません」

ヤミヒメ
「ラビットタンクハザードフォームが収録されているではないか」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ええ。なんで早く欲しいんだけど、発売日に近所のスーパーは全滅で」

ツバキ ASSAULT form
「先週発売されたばかりですから、すぐに再入荷しますよ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「そう願いたいわね。それじゃあ、今回はここまでという事で」


『創動 仮面ライダービルド』公式サイトはこちら

最近の仮面ライダー系食玩



ヤミヒメ
「ライダーの食玩がこんなにも……!」

流遠亜沙 ASSAULT form
「『ビルド』を観始めたのに加えて、ちょっと興味を惹かれた物もあったので」

ツバキ ASSAULT form
「それはいいんですが、歯医者に行かれたんですよね?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「知覚過敏が悪化してるとか親知らずじゃなくて、噛み合わせの影響だろうという事で、歯を削ってもらいました。現在、様子を見ているところです。特に気にしてなかったんだけど、あたしって前歯がしっかり合わないのね。それで、右の奥歯に負担がかかってたみたいで」

ツバキ ASSAULT form
「そうですか。それで痛みが治まればいいのですが」

流遠亜沙 ASSAULT form
「気を揉んでても仕方ないしね。どうせ揉むならツバぴょんのおっぱいが良い」

ヤミヒメ
「な、何をのたまっておるのだ!?」

ツバキ ASSAULT form
「道連れにしようという訳ではありませんが、どうしてヤミヒメさんじゃなく私なんですか……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ただの巨乳よりロリ巨乳の方が背徳的じゃない!」

ツバキ ASSAULT form
「……聞いた私が馬鹿でしたね、はい」

ヤミヒメ
「ただの……」



『SHODO仮面ライダーVS8』



仮面ライダーディケイド



仮面ライダー響鬼


流遠亜沙 ASSAULT form
「まずはこちら。“SHODO”とは掌動(しょうどう)の事で、手のひらサイズのフル可動フィギュアという意味です。“VS”はバーサスで、8は第8弾って意味ね」

ヤミヒメ
「なんと。ほぼ完成品なのか」

流遠亜沙 ASSAULT form
「試しに買ってみて良かったんで、響鬼も追加で買ってみました」

ツバキ ASSAULT form
「だから最初の画像に響鬼の箱だけなかったんですね」

ヤミヒメ
「おお! 小さいが、よく動くな! 造形もなかなかだ……!」

ツバキ ASSAULT form
「シリーズは8作目ですが、過去のラインナップは昭和メインだったようですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「平成第1期だとカブトがあったんで、これを買い逃したのは痛い。これから集めてもディケイドと並べられない……」

ツバキ ASSAULT form
「食玩は買い逃すと再販されませんからね」

ヤミヒメ
「ディケイドが買えただけ、よいではないか」

流遠亜沙 ASSAULT form
「まあ、どうせ何度でもこの手のフィギュアは商品化されるだろうしね」



『CONVERGE KAMEN RIDER 8』
仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム


ツバキ ASSAULT form
「以前にネタにしたブレイドと同じ、第8弾にラインナップされていたものですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「冬の劇場版にも出たけど、改めてTVシリーズで見て格好良かったんで。これから見続ける訳だしね」

ヤミヒメ
「見事な塗装だな。こうして見るとメタリックだとよく判る」

ツバキ ASSAULT form
「そういう面でもW(ダブル)と通じますね」



『創動 仮面ライダービルド BUILD5』
スパークリングボディ(ラビット)〔A-SIDE〕
スパークリングボディ(タンク)〔B-SIDE〕


流遠亜沙 ASSAULT form
「こちらが今回の目玉となります。これは右半身を構成するA-SIDEと、左半身を構成するB-SIDEを揃えて、劇中のフォームを完成させるというコンセプトです」

ヤミヒメ
「ふむ。組み立て済みなのだな」

ツバキ ASSAULT form
「色は成型色と部分塗装、あとはシールで再現されているんですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「では、さっそく――」

ヤミヒメ
「うむ。さあ、実験を始めようか!」




ツバキ ASSAULT form
「ベストマッチ――ですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「あたし、極力シールは貼りたくないんだけど、『キュウレンジャー』のミニプラを作ってからは抵抗があんまりなくなって。これもすべて貼ってます」

ヤミヒメ
「少なくとも、画像ではシールとは判らぬな」

ツバキ ASSAULT form
「造形も可動も素晴らしい出来だと思います」

流遠亜沙 ASSAULT form
「しかもサイズが手頃だから、飾るのにちょうどいい。いっぱい並べたくなる」

ツバキ ASSAULT form
「というか、すでに買ってあるんですよね」

ヤミヒメ
「そうなのか?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「うい。でも長くなるので、今回はここまで。最後に1枚」




ツバキ ASSAULT form
「こうして見ると造形は当然として、塗り分けにも違いがありますね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「『創動』の肩アーマーの白い部分が、塗装もシールもないのが意外。逆に『コンバージ』は袖(そで)の白が塗装されてないのよね。そんなに気にならないから、いいんだけど」

ヤミヒメ
「どちらも価格から考えれば充分すぎるクオリティだ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「いや、ほんまやで。ミニプラもそうだけど、「食玩ってなんだっけ?」って思うもの」

ツバキ ASSAULT form
「完全に“お菓子のオマケ”レベルではありませんよね」


仮面ライダーの食玩情報はポータルサイト

久々の『CONVERGE KAMEN RIDER』


『CONVERGE KAMEN RIDER 8』


流遠亜沙 ASSAULT form
「俺は運命と戦う! そして勝ってみせる!」

ヤミヒメ
「随分とテンションの高い事だな」

ツバキ ASSAULT form
「『ブレイド』推しのマイスターですから、コンバージ化されれば仕方ありません」



仮面ライダーブレイド



仮面ライダーブレイド ジャックフォーム


流遠亜沙 ASSAULT form
「良い! 文句なしの造形です!! しいて言えば、ジャックフォームのアブソーバー(左腕の装備)も塗ってほしかった事くらいかしら」

ヤミヒメ
「それは同意だが、ジャックフォームはシークレットではないのだな」

ツバキ ASSAULT form
「シークレットはフォーゼのロケットステイツのようですよ」

ヤミヒメ
「ふむ。『MOVIE対戦MEGAMAX』のあれか。あとは『アマゾンズ』と『ビルド』がラインナップにあるが」

ツバキ ASSAULT form
「集めだすとキリがありませんからね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「せっかくなんで、こんなツーショットを撮ってみました」




ヤミヒメ
「ん。ディケイドはコンバージになっても、やはり良いな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「台座が同じコンバージの『ガンダム』シリーズと共通になってるのが、時間の流れを感じるわね」

ツバキ ASSAULT form
「……良いですね、お2人は推しライダーがコンバージ化されていて」

ヤミヒメ
「ぬぅ……」

流遠亜沙 ASSAULT form
「まあまあ。こんなん出ましたけど~」




ツバキ ASSAULT form
「…………!」

ヤミヒメ
「なんと。次の弾にはウィザードが収録されるのか」

流遠亜沙 ASSAULT form
「もう来月ですよ。多分、月末くらい」

ツバキ ASSAULT form
「……私、泣いてもいいでしょうか?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ああ。好きなだけ、あたしの胸でお泣き」

ツバキ ASSAULT form
「嬉しいです――」

ヤミヒメ
「よしよし。好きなだけ私の胸で泣くがよい」

流遠亜沙 ASSAULT form
「……うん、判ってたけどね」


『GUNDAM CONVERGE ♯09』+『SELECTION [LIMITED COLOR]』


『GUNDAM CONVERGE ♯09』


流遠亜沙 ASSAULT form
「コンバージッ!」

カナコ
「……挨拶?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「さあ、ご一緒に! コンバージッ!」

カナコ
「こんばーじ――」

流遠亜沙 ASSAULT form
「声が小さい! コンバージッ!!」

カナコ
「……さっさと進めなさい」

流遠亜沙 ASSAULT form
「イエス・マム! 本日のネタは発売中の『GUNDAM CONVERGE ♯09』であります!」



強化型ZZガンダム



ウイングガンダムゼロ



マスターガンダム


カナコ
「出し惜しみしないで。まだ、あるでしょう?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「イエス・マム!」



『GUNDAM CONVERGE SELECTION [LIMITED COLOR]』



ウイングガンダム [LIMITED COLOR ver.]



ガンダムX [LIMITED COLOR ver.]



グフ・カスタム [LIMITED COLOR ver.]


カナコ
「……良いわね。実に良いわ。スミ入れが大変で仕方なかったもの」

流遠亜沙 ASSAULT form
「その分の仕上がりとなっております。いや、素晴らしい!」

カナコ
「そうよね……ふふふ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ちなみに、なぜかガンダムXに関しては、肩や腕や脚の側面にあるエネルギーコンダクターが無塗装なので、ガンダムマーカーのライトブルーで塗っております。イメージだとクリアブルーだけど、なかったので」

カナコ
「塗らないよりは良いと思うわ。それにしても、グフ・カスタムが良いわね。ガンダム系以外も欲しくなるわ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「とはいえ、あれもこれもと買ってると置き場がなくなるわ。引越してもう半年以上、徐々に物が増えつつあるもの……」

カナコ
「確かにそうね……」


ほねほねゲリオン


『ほねほねゲリオン 第一弾 COMPLETE BOX』


流遠亜沙 ASSAULT form
「本日ご紹介するのはこちら、カバヤ食品から発売中の『ほねほねゲリオン』です」

カナコ
「いわゆる食玩ね。1つ1つは短時間で組み上がるけど、数を作るとなかなか組み応えがあるのが良いわ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「これはコンプリートボックスなので、8個も入ってます」

カナコ
「1つ完成する度に箱が減っていく快感ってあるわよね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「カナカナ、気付いてる? あたしと同じ顔してるわよ」

カナコ
「え……」




流遠亜沙 ASSAULT form
「セットで買う贅沢感というか、独特の優越感ってあるよね。ちなみに、これはイオンなどの一部店舗で流通しているもので、ダブる事なくコンプリート出来ます」

カナコ
「コンプリートボックスには特典パーツが封入されていて、イオンなどでは蓄光ホワイトVer.、『EVANGELION STORE』ではブラッディクリアVer.の『ロンギヌスのほね+平手(左右)セット』となっているわ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「最初はバラでノーマルカラー(蓄光白)だけ買うつもりだったんだけど、特典パーツが欲しかったんで発売日に近所のイオンで買いました。ちなみに、イオンでも小さい店舗なんかだと入荷しないのでご注意」

カナコ
「実際、南宮崎店には入荷してなかったわ」



ほねほねゲリオン初号機&零号機


流遠亜沙 ASSAULT form
「ご覧の通り、非常に味のあるキットです。スミ入れはお好みで」

カナコ
「オリジナルのギミックで、零号機も口が開くのが面白いわね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「カニャコさんは、今回のために『エヴァ』を学習済みです」

カナコ
「面白い作品だと思うわ……旧劇場版の結末には唖然としたけど」



サキほね+シンジ&シャムほね+レイ


流遠亜沙 ASSAULT form
「まあ、旧劇場版の事は置いといて――使徒もTVシリーズの最初の2体がラインナップに入っております。シンジ君とレイも、ほねほね化」

カナコ
「シャムほねは新劇場版スタイルなのか、首に使徒の仮面のパーツがあるわね」



ほねトロン・スナイパー・ライフル



ラミほね



ヤシマ作戦


流遠亜沙 ASSAULT form
「各セットのスペシャルパーツをすべて集めると、上記のほねトロン・スナイパー・ライフルとラミほねが完成。ヤシマ作戦を再現できるというニクい演出です」

カナコ
「これはテンションが上がるわね」



アナザーカラー


流遠亜沙 ASSAULT form
「こちらはアナザーカラー。成型色がアニメ本編のメインカラーとなっております」

カナコ
「使途に関してはノーマルカラーとニコイチする事で、かなり忠実なカラーリングを再現できるみたいね」




ロンギヌスのほね+平手(左右)セット


流遠亜沙 ASSAULT form
「おまっとさんです。初号機に特典パーツを付けてみました」

カナコ
「TVシリーズだと零号機改が使うイメージだけど、劇場版なんかも踏まえて見ると、初号機が持っていても違和感がないわね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「『第3次スパロボZ 天獄篇』だと、第13号機がメチャクチャ武器として使ってるしね」

カナコ
「私は旧劇場版で、弐号機がメッタ刺しにされるシーンのイメージも強いけど」

流遠亜沙 ASSAULT form
「けどこれ、本来は儀式のためのもので、武器として使うもんじゃないはずなのよね」

カナコ
「地下に幽閉されていたアダム(リリス)の再生を抑制したり、第15使徒アラエルを殲滅したり、量産されたものと一緒に人類補完計画の鍵になったり、最新の『Q』ではカシウスと一緒にサードインパクトのトリガーになったり――結局、あれって何なのかしら?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「1995年の放送当時から、ずっと同じような事をあたしらの世代は考えてきたんです」

カナコ
「で、答えは?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「現実は知らないところに。夢は現実の中に。そして、真実は心の中にある……」

カナコ
「旧劇場版の台詞で誤魔化してるだけじゃない」

流遠亜沙 ASSAULT form
「答えは庵野監督しか知らないんだもの! あたしだって知りたいわよ、馬鹿ぁッ!? 『シン・エヴァンゲリオン』はまだですか、監督!? こちとら97年の夏からずっと、『エヴァ』っていうトゲが胸に刺さったままなんですよ!?」

カナコ
「20年も難儀な事ね。これが『Q』でアスカの言ってた『エヴァの呪縛』なのかしら」

流遠亜沙 ASSAULT form
「上手いこと言ったところで、本日はここまで!」

カナコ
「『ほねほねゲリオン』、とても面白いキットなのでオススメよ。1つ400円くらいなので、試しに組んでほしいわ」


『ほねほねゲリオン』公式サイトはこちら

フレームアームズも始めました。


『LX-R01J ヤクトファルクス』


流遠亜沙 ASSAULT form
「はい、どうも! 本日はコトブキヤのオリジナル商品『フレームアームズ(以下:FA)』より、『ヤクトファルクス』をご紹介!」

カナコ
「11月末に出て、割りとすぐに組んだのに、随分と寝かせたわね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「記事にするには時間が要るのよ。年末年始と、やる事も多かったしね」

カナコ
「そう」



装備なし



フル装備


流遠亜沙 ASSAULT form
「なるほど、『FA』とはこういうものか……!」

カナコ
「なによ、それ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「『∀ガンダム』のギム・ギンガナムというキャラの名台詞がありまして」

カナコ
「そう、どうでもいいわ。『FA』は今回、初めて組んだんでしょう?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ええ。『FAガール』にハマって、ちょうどいいタイミングで、この『ヤクトファルクス』が公開されて、やだカッコイイと一目惚れしちゃって」

カナコ
「確かに素敵なデザインね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「共通の基本フレームに装甲や装備を付けて、手軽にオリジナルロボを作ろうっていうコンセプトなんだけど、いざ作り始めると……」

カナコ
「かなり分解して組み直したわね。しかも、公式ツイッターをたまたま見て気が付いたけど、ヒジの組み立てが間違っていたわ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「もっと言うと、両肩と股関節の保持力が皆無。ガンプラの完成済みフレームみたいな立派なもんじゃないし、これならフレームも自分で組み立てた方がマシだし、コスト削減できるんじゃないかしら?」

カナコ
「装甲を被せればほとんど見えないけど、ゲート処理も相当、雑よね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「造形は素晴らしい。ただ、組みやすさだったり、可動や保持力の面では、圧倒的にバンダイの技術が上だわ。ちゃんと設計段階で計算してると思うんだけど……個体差じゃないよね?」

カナコ
「同じパーツを組んでいるのだから、個体差なんてないと思うけど」




流遠亜沙 ASSAULT form
「カッコイイ!」

カナコ
「そうね。本当に造形に関しては素晴らしいわ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「でもこれ、無理矢理ポーズ付けてるからね。肩と股関節がユルユルだからね」

カナコ
「…………」




流遠亜沙 ASSAULT form
「ちなみに、『FAガール』や1/144スケールのガンプラと並べると、こんな感じ」

カナコ
「こうして見ると意外と小さいわね。『FAガール』と装備を交換できる訳だわ」

流遠亜沙 ASSAULT form
「サイズで考えるとお高いけど、それに見合うクオリティである事は保証します。保持力以外は」

カナコ
「この画像だけ画質が荒いわね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「あ、それだけモードを間違えまして。お見苦しくて申し訳ない」

カナコ
「まあ、いいわ。まだ組んでないキットがあるから、早く組みましょう。そこの『FA』を組めば、すべての商品の関節が緩いのか検証できるし」

流遠亜沙 ASSAULT form
「その前に『FAガール』の轟雷ちゃん改を組みたいんだけど……他にせにゃならん事がね」

カナコ
「世知辛いわね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ええ、世知辛いですわ、ほんま。そんな訳で、初FA『ヤクトファルクス』でした」

カナコ
「これも『FAガール』化してほしいわね」


ジャークマター襲来! 新たな力で迎え撃て!!

流遠亜沙 ASSAULT form
「三が日も終わり、本日より通常営業となります。今回のネタはこいつだ!」



『ミニプラ キュータマ合体シリーズ07
コジシボイジャー&モライマーズロボ&ミニキュータマセット』


ヤミヒメ
「うむ、ようやくだな」

ツバキ ASSAULT form
「去年の11月末の商品ですからね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「なかなか記事にする余裕がね……」



コジシボイジャー



モライマーズロボ



ミニキュータマセット


ツバキ ASSAULT form
「コジシボイジャー、可愛いですね」

ヤミヒメ
「だな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「当然、シシボイジャーとの合体も可能です」



スーパーシシボイジャー



スーパーキュウレンオー


ヤミヒメ
「おお! 良いではないか!!」

ツバキ ASSAULT form
「コクピットは、今回のミニキュータマセットを使っているんですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「各ボイジャーのコクピットは、キュータマジンに使ってるからね。シリーズ01と02でシシボイジャーを2つ持ってる場合、ここでスーパーキュウレンオーとして有効活用できます……今になって気付いたんだけど、左足の羽根を畳んでないわ」

ツバキ ASSAULT form
「本当ですね」

ヤミヒメ
「劇中でカジキボイジャーとの連結に使われているパーツがないな」




ツバキ ASSAULT form
「DX版(おもちゃ)にも、ありませんね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「ああやって固定しないと、アクションするたびに、ぐらついたりするんじゃないかしら? 詳細は不明です」



対決!


ヤミヒメ
「しかし、まさかモライマーズロボがミニプラ化するとはな」

ツバキ ASSAULT form
「DX版になっていない敵ロボが、ミニプラにラインナップされるのは初だそうです」

流遠亜沙 ASSAULT form
「後ろから見ると上半身がスッカスカなんだけど、前から見る分には非常にハイクオリティ」

ツバキ ASSAULT form
「飾って眺める分には充分ですね」

ヤミヒメ
「並べられる敵役がいるとテンションが上がるな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「とまあ、そんな感じのシリーズ07でした」

ツバキ ASSAULT form
「これが最終弾と公式ブログには書いてありますが、オリオンバトラー含め、もうグリスターインジェクションver.は出ないんでしょうか?」

ヤミヒメ
「ケルベリオスも出ておらぬな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「判んないけど、出たとしても買うのはコジシボイジャーだけかなぁ……さすがに置き場がない」

ツバキ ASSAULT form
「ですね……」

ヤミヒメ
「そういえば、画像が綺麗になっておらぬか?」

流遠亜沙 ASSAULT form
「よくぞ気付いてくれた。照明を増やして、デジカメの記録サイズを最大にした結果です」



以前までの画像


ツバキ ASSAULT form
「以前までのものとは雲泥の差ですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「せやねん。「サイズを縮小したら同じでしょ?」って思ってたんだけど、大きく撮って縮小するのと、最初から小さく撮るのとじゃ、容量が4~5倍は違うのよ」

ツバキ ASSAULT form
「同じサイズで容量が大きいという事は、解像度が高いという事ですね」

ヤミヒメ
「よく判らぬが、今後はまともな画像が掲載できるのだな」

流遠亜沙 ASSAULT form
「まあね。撮影の手間はかかるけど、どうせ記事にして残すなら、綺麗な方が良いわ」

ツバキ ASSAULT form
「そうですね」

流遠亜沙 ASSAULT form
「余談を戻して――以上で、『ミニプラ キュータマ合体シリーズ07 コジシボイジャー&モライマーズロボ&ミニキュータマセット』の紹介を終わります」

ヤミヒメ
「そうだ、次の戦隊が発表されたな」

ツバキ ASSAULT form
「はい! とても斬新な試みがされていますね!」

流遠亜沙 ASSAULT form
「……放送枠がなくなって、『仮面ライダービルド』みたく放送されなかったりして(注:宮崎では『エグゼイド』を最後にライダーの放送枠がなくなった)」

ツバキ ASSAULT form
「…………」

ヤミヒメ
「ツバキィィィ――ッ!?」


『ミニプラ キュータマ合体シリーズ』公式サイトはこちら

        
  • 1
  • 2
  • 3